「めがねや!」的視点から見たコミュニティ座談会(記事リンク随時更新)

2015年8月25日火曜日

14時間生放送 イベント 吉田直樹P/D

新生2周年記念の14時間生放送についてのレポートの続きでございます。
前回のレポートは、14時間生放送の本編を中心にお届けしました。

今回は、その放送の裏で行われた、吉田Pと招待プレイヤー/ブロガーたちの座談会の模様をまとめてみようと思います。

とはいえ、既にこまかーくレポートしてくれているブロガーさんもいるので、私が吉田Pに行った質問をメインにまとめてみようと思います。

<座談会/生放送のレポートを掲載した皆さんの記事>

吉田Pと座談会 (エオルゼアワールド旅行記
生放送を観覧して吉田Pと会って飲んできた  (はばたけ!リムサっ子
14時間放送の出来事 あれこれ (Hiragana de Miqo'te
【裏PLL】14時間生放送の座談会で吉Pに物申してみた!+PLLまとめ 
2周年記念14時間生放送のコミュニティ座談会メンバー紹介! 
もすぅちゃん的 2周年記念14時間生放送レポート! (FF14もすぅちゃん日記
開発フロア見学ツアーとコミュニティ座談会【14時間生放送2015】  スクエニに行って来たよレポート&開発者プチインタビュー【14時間生放送2015】 (のほほん旅日記
14時間生放送レポート!(前編) 14時間生放送レポート!(後編)ヒマワリのタネ
もしミン。ちょっと14(石)の家に来て頂戴。 (ぱにっき
2周年記念14時間生放送見学してきました (言霊木霊
2周年記念、14時間生放送【邂逅編】 2周年記念、14時間生放送【侵攻編】 2周年記念14時間生放送【真成編】とろさんぽ
『14時間生放送』に行ってきました!! (ぶらりFF14
【ららふぇる突撃レポート】14時間生放送&吉田Pとの座談会にお呼ばれしました! (めてゐさん)
【FF14】2周年記念14時間生放送を終えて 現地レポート #FF14 (雨の音が好き
ツイートで振り返る「2周年記念14時間生放送」奮闘記 (Moon Gravity






※生放送の公式レポート。
14時間生放送中です! (FF14公式ブログ

※メディア様のレポートです。
『FFXIV』次期24人向けレイドは“空飛ぶ船”の内部が舞台! 第24回プロデューサーレターLIVEまとめ(1/2) 
『FFXIV』“サラオスの亡骸”はサラオスのものではなかった! 14時間生放送、世界設定解説を振り返る(1/2)
『FFXIV』イイ……話で吉Pの心をつかめ! 14時間生放送“もしもし、私…○○よ”ダイジェスト
『FFXIV』「ヒロシハンサムネー」熱闘450分! 14時間生放送ミニオン集めダイジェスト(1/3)

「FFXIV」のパッチ3.1で“空島探索”と“ロードオブヴァーミニオン”が登場。3.07の調整内容も公開された第24回プロデューサーレターLIVEをレポート

※座談会参加者インタビューあり。
「FFXIV」ブロガーと吉田氏、夢の対談が実現!「2周年記念14時間生放送」の裏で行われていた座談会についてお届け!
『FFXIV』のプレイヤーが吉田氏と座談会! コミュニティーサイト座談会の模様をリポート
【電撃PS】『FF14』吉田直樹氏と人気ブロガーの対談の様子をレポート。運営とプレイヤーの新たな形とは?


ーーーーーーーーーーー

座談会の前に、開発フロアを案内してもらうお時間がありました。
途中から来た私はあるひゃんからその話を聞いたんだっけかな。そりゃもうびっくりしたけど。
開発フロアで見たものについては「忘れてください」(吉田P)とのことでしたので、その時の記憶はヴォイドゲートの向こう側に行ったものとお思いください。

そして、座談会の会場へ。
階も違う静かな場所で、長い机を18人+2人(吉田P+室内(モルボル)さん)が囲む形で、座談会は始まりました。

形式としては、参加者の皆さんが自己紹介をしながら1つずつ質問をしていく形で進行、そのあとは流れに任せて…というのが事前に通知されていた内容でした。
実際のところはというと、皆さんご自分の時間をめいっぱい使って、聞きたいことを聞いていた感じでしたね。他の方がどんな質問をして、どんな返答があったのかというのは、あるひゃさんやもすぅさんが書いてくれているので、ここでは省きます。

私は、あるひゃさん、イシュさんに続く3人目でした。
下手に語ると長くなっちゃいそうだなぁ、と思いつつ、質問よりも自分の活動内容についてベラベラとしゃべっていました。
つまり、メガネにまつわる活動について色々話してたんですね。
オープンべータの時にメガネがついてたから錬金術師を最初に選択した話とか。
2.38で4種メガネが実装されたときにログインしてから20分でメガネ4種を作ってすぐにブログ書いた話とか。
全部のサーバーにキャラクターを作って、スタートしてからメガネをかけられるようになるまでどのくらいかかるのか、マーケットの相場を見たりした事とか。
そんな話をしていたら「いつもメガネを持ち歩いてるんですよ、鞄がパンパンになるぐらい」とあるひゃさんのフォロー(?)も入ったり。

すると吉田Pから、「そのメガネ愛はどこからくるんですか?」と逆質問をもらってしまい、その時は「そこにメガネがあったから…錬金術師を選んだ時に全てが決まった気がします」と回答しました。

以前、あるフレンドにも聞かれたこの質問。
それに答えるために記事を書いたりしたんですが、もしかしたら、この時すっと出てきた言葉が、自分の中に眠っていた本当の正解なのかもしれませんね。

でも、プレイスタイルという点では、上記の記事やその前に書いた「ナンバーワンよりオンリーワン、その真意」でも書いたとおりで、どちらかというと誰もやらなさそうなことをやろうとする傾向はあるかもしれません。

さて、そんな自己紹介をした後で、質問をさせていただきました。
もともと何を聞くか、とりあえず一つだけ聞こうと思って用意していた質問です。
※以下、聞いた内容についての記憶を元に文章として再構成したものです。しゃべった内容をそのまま書き起こしたものではないことをご了承ください。

Q:3.0で帽子+メガネのセット装備が実装されたが、この形のものは今後増えていく傾向になるのでしょうか?

A:新しい装備を作る時に、メガネ装備で限定してしまうと、どこかのロールの装備がその形に限定されてしまいます。そうなると、種類の幅が狭まってしまう可能性があります。ミラプリ用に使えるデザインのメガネを実装していく方がいいかもしれませんね。そのようにたけお(鈴木健夫さん)に伝えておきます。

第1の質問についての回答はこんな感じでした。
その後、他の参加者さんの自己紹介と質問が続きます。
この座談会を含め、今回の14時間生放送に招待された方々の中には、以前のコミュニティ放送内で紹介された「ブロガーズミーティング」つながりで呼ばれた方も何人かいらっしゃって(自分もその一人ではないかなーと思っています)、それぞれの裏話のようなものも聞けたり、吉田Pからの思わぬ言葉に場が沸いたり和んだりと、終始楽しませていただいておりました。
しかし、人数が多いから自己紹介だけでも時間がかかるかかる…。
座談会のために用意された時間はだいたい3時間半くらいだったのですが、自己紹介前半戦、自己紹介後半戦、最後の質問タイム、と2回の休憩を挟んだりしていました。
これは、ブロガーズミーティングなど、ゲーム内で座談会イベントをやった時にも同じような流れになったので、ある意味しょうがないのかなぁ、と思ったりしました。

自己紹介がぐるりと1周してようやく終わり、2度目の休憩後は挙手して質問していく形になりました。
ここで、カンパニークラフトの話が出たときに思い浮かんだ質問を2つめとしてぶつけてみました。

Q:たとえば、ショーケースのような調度品を作って商品サンプルを並べるような実装は出来ないか?設置数が増えてもかまわないので。

A:要望通りの形にするのは難しいですが、マネキンを準備しているので、そちらを待っていて欲しい。

この質問をした意図はただ一つ。
「将来、個人宅を購入して、メガネ屋を作りたいから」
これを話した瞬間、みんな「結局そっちに行くのか!」と爆笑が起きました。
…ね、狙って笑いを取りに行ったんじゃないんだからね!

でも、メガネ屋を作りたい、と思っていたのは事実で、メガネ屋が出来たら細々とメガネばかり作って暮らしたいと思っていたりもするんです。いやマジで。
まだ土地の問題とかもあって、実現する日はもっと先になるかもしれないですが、もし実現したら、遊びに来てやってくださいね。

他にもいろいろな質問をしては吉田Pが答えるという形で時間はどんどん進んでいきます。
最後の記念撮影の時間を残すため、最後の時間では全員に質問する機会はなかったですが、フレンドから質問を託されたあるひゃさんがトリプルトライアドの話を聞いたりとか、「寿司を握れないか?」という質問に「調理品はフライパンで出来る料理を中心にレシピを作っている」という話が飛び出したりと、私では絶対質問できなかったことを聞いていく皆さんは凄いなぁ、と感心したりもしていました。

で、最後の質問となったところで、3つめの質問をねじ込んでみました。
これは、過去にPLL向けの質問としてフォーラムに書いてみたけれど、採用されることのなかった質問。

Q:ブリアルディアンのメガネをクイッ、と上げるエモートを実装して欲しい。

A:それは、メガネも動くんですよね?そうなると、全てのメガネについて動きをチェックしなければならない。実装出来るかどうかはたけお(鈴木健夫さん)に聞いてみてください。

実のところ、エモートさえあれば、メガネが動くというところまでは無理に実装しなくてもいいんじゃないかと思ったんですが、ここは吉田Pの方がこだわった回答を返した…という質問だったりします。

ともあれ、たけおさんに聞いてくれと言われたら行くしかない!
…というわけで聞きに行ったのが、前回レポートでも書いていたこのタイミング。



実際、どんな会話をしていたかというと。

たけお「座談会で、吉田さんに『たけおに聞いてくれ』と言われた質問がありまして」
たけお「ほう!」
たけお「ブリアルディアンのメガネをクイッとするエモートを入れられないかなぁ、と」
たけお「おー…」
たけお「吉田Pは『メガネも動くんですよね?』と言ってたんですが」
たけお「またぶっ込んでくるなぁ、あの人は…」
たけお「メガネを動かすのって、大変なんじゃないかと思うんですが」
たけお「動かすのは難しいですねぇ」
たけお「2.xシリーズで事件屋クエストが終わって、ストーリーの流れから考えると、ブリアルディアンさんの出番もなくなりそうな感じじゃないですか?そうすると、エモートを追加するタイミングももうないのかなぁ、と思っているんです」
たけお「でもそれは、新しいメガネキャラを出せば解決出来るんじゃないかなぁ?」
たけお「ほう!」
たけお「でも、(エモートについては)今までなかった発想でした。検討してみます」
たけお「よろしくお願いします!!」

…さぁ、どっちがどっちのたけおさんか、わかるかな!?(笑)


<おまけ>

座談会の進行中、主にしゃべっているのは吉田Pで、横にいた室内さんはほとんど話をしなかったんですが、休憩の時間に不意に話を振られました。

「たけおさんって、声のトーンやしゃべり方が植松(伸夫)さんに似てますね」

その言葉を聞いて納得する他の参加者の方々。
……マジデ?
自分では全く意識してなかったところからの言葉に驚いていたんですが、その検証のためにその場でインタビュー動画を検索して「動画で聞いてみたけどやっぱり似てたよ」と教えてくれたぱにさん。すごいなその行動力(笑)

その話はフレたちの間にもあっという間に広がり、翌日、あるひゃさんを囲むオフ会に出席したら開口一番「こんにちは植松さん!」と言われたり、「確かに似てるわ」と言われたり…。
しばらくの間、愛称が「植松さん」になりそうです…(笑)。
©2010-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by Blogger.