新生FFXIV開発者からのメッセージが面白い

2014年8月31日日曜日

FF14 守護者 新生祭

1周年を迎えた8月27日以降、「エオルゼア新生祭」サイトで更新が始まった「開発者からのメッセージ」。

最初に並んだ3名がなんかかたっ苦しい挨拶しかしてなかったので、そんな期待してなかったんですが、キャラアートリーダーの高橋和哉さんのメッセージが出たあたりから裏話がポロポロ出てくるように。

「今までの流れからは違うデザインが受け入れてもらえるだろうか」、「竜騎士専用装備はやりすぎたかもしれない」「ナナモは最初、子供の設定でした。服が大きく誇張されていたり、靴音が可愛いのはその名残です。 」など、作っている側のいろいろな思惑が見え始めたんです。



そしたら続くキャラリーダー・馬場 敬一さんのメッセージでの思い入れ関連の話が凄くて。
・ミコッテの裸体
自分が作ったので思い入れがあります。あばら骨やおしりの形など、非常にこだわって作ってます。フィギュアも途中まで作っていましたけど、旧FFXIVのドタバタで中止になってしまいました。1/8スケールで、汎用的なドール用衣装で着せ替えができる予定でした。非常に良い出来だったので、発売したかったです・・・。

作りましょうよ!フィギュア!暁メンバーとかでもいいから!メガネつけて!
・ミニオン
実は私、かの「ミニオン同盟」の一員なのですが、これほどまで開発者がこだわって作っているものはなかなかありません。プログラマが勝手に犬猫属性を実装したり、クッションが次のパッチでふくらむようになっていたり、たかがヒマつぶしモーション一つで掴み合いのケンカになったり・・・。大げさかもしれませんが、いにしえのゲーム開発者が持っていた熱いパッションがここに息づいている感じがします。

確かに、ミニオンの作り込みとかものすごいですよね。
・コテージ
新生FFXIVではBGに何気なく置かれている「コテージ」。あれは旧FFXIVで登場予定だったものの残骸で、ミニ移動拠点かつ、着せ替え出来る建物になるはずだったものです。新生FFXIVのプログラマーには、キャラ班で建物を作るんじゃねぇ!と怒られましたが、やりたかったですね。FFなのだから、「コテージ」だけではなく、「テント」もあってもいいと思うのです。

ちょっと!コレ欲しいんですけど!個人向けハウジング、コテージで良かったんじゃないの!?

 

とまぁ、これからもいろいろな裏話が出てきそうで楽しみになってしまいました。
というか、14時間生放送の高井さんチャンネルあたり、開発者(コアメンバー以外)を次々呼んでこんな裏話をさせる、とかでも良かったんじゃ、と思うぐらい…。

…「シルバーアクセサリーを身に付けた一見チャラチャラしている男」のチェック通せないから無理かw

 

あ。

1周年記念PVコンテスト入賞できました。協力してくれたみんなに感謝。

 

 
©2010-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by Blogger.